『男たちの大和/YAMATO』は、終戦60周年を記念して制作された映画

邦画「男たちの大和/YAMATO」は、2005年に終戦60周年を記念して制作された映画です。原作は辺見じゅんの「決定版男たちの大和」です。制作費用約25億円のうち6億円を費やして、大和の艦首から艦橋までの約190mを再現されました。再現した場所は、広島県尾道市にある日立造船向島西工場跡地です。「男たちの大和/YAMATO」の主演を演じた俳優は、反町隆史です。他に中村獅童、松山ケンイチ、蒼井優、鈴木京香らが出演しております。鈴木京香演じる真貴子が、鹿児島の漁師で大和の元乗員だった神尾に、大和が沈んだ場所まで船で連れて行ってほしいとお願いします。真貴子は、神尾の戦友の娘でした。大和沈没地点に散骨してほしいという戦友の遺言に従って、真貴子は神尾のもとを訪れたのでした。船に真貴子を乗せてる間に、神尾の脳裏に60年前の出来事が蘇っていく展開で物語は進行していきます。この映画の主題歌は長渕剛が担当しました。曲のタイトルは、「CLOSE YOUR EYES」です。制作責任者は、角川春樹です。彼は大和のオープンセットの制作費に一部の私財を投じました。「男たちの大和/YAMATO」の興行収入は50億円以上を記録しました。これは公開された年の邦画興行収入1位となっております。全国で約400万人の観客を動員しました。公開前日にテレビ放送された「クレヨンしんちゃん」では、映画のロケシーンが使われまして、反町隆史や中村獅童が登場しました。

GTOが印象的だった反町隆史

反町隆史は、ドラマの「ビーチボーイズ」でその存在を多くの人に印象づけました。長身と端正なマスクで当時の女性の人気をさらったものです。しか...  詳細 ⇒